ラベンダー・アングスティフォリア

Lavandula angustufolia ssp.angustifolia
シソ科、花穂、フランス

アロマテラピーを知らなくても、ラベンダーってリラックスに良いんでしょ?なんていう情報、多くの方がご存知なんだと思う。
私も大昔から言われているおばあちゃんの知恵袋的な感じで知らないうちに知っていたことの一つ。

でも、アロマテラピーを学んでラベンダーであればリラックスできるのではないと知らされ、なんだか面倒だなと思いつつも、知りたがりの性格を刺激されワクワクしたのを憶えている。

主要成分
モノテルペンアルコール類 リナロール 30-50%
エステル類        酢酸リナリル 25-45%
モノテルペン炭化水素類
セスキテルペン炭化水素類
特性
鎮痙攣作用、瘢痕形成作用、抗真菌作用
鎮静作用、誘眠作用、抗鬱作用、皮膚組織再生作用、筋肉弛緩作用
血圧降下作用、抗菌作用、抗炎症作用、抗感染作用、抗微生物作用…

アロマテラピーが追求されていくきっかけとなった精油であることでも有名で、その際はひどい火傷がこの精油によって回復した事により研究が進められていったとか。
私としては、その人は先に何を研究していて火傷になり、どうしてそこにラベンダーの精油があり、どうしてそれを火傷にかけたのか、そっちのほうが気になっている。そもそも精油を研究していたのでは?
先日そのことを質問したら、実際にその方のお孫さんに会われた方からは、ラベンダーは原液で使用したらしいという事だけは伺えたのだが、それ以上は。。。
ただ、薄々ラベンダーの効果が分かっていて、期待をして使ったのだろう。じゃなきゃ、火傷で痛いのにわけの分からない液体を患部にかけたりしないよね。

図解

香りは初めて嗅いだ時は好きではなかったけど、だんだん気にならなくなってきた。慣れかな?ベタだから手にする機会が多いからかもしれない。
アロマテラピーというものに触れてこなかった50代以上の方とかは、トイレの芳香剤を連想する方もいらっしゃる様で、反射的に嫌がる方もいらっしゃる様で…解らなくはないかな。
私が子供の頃は(まだ昭和)トイレやタンスの芳香剤とか、キツイ変なニオイだったもんなぁ。

アロマ系の人の中では、どれか一つだけ製油を選ぶならラベンダー。と言う方が多いようだが、まぁ頷ける。適用範囲が広くて香りもきつくない、身体的・精神的どちらの不調にも使えて抗菌効果もある、医療・美容どちらにも使える上に禁忌事項がない。万能と言われるのもわかる。

ただ、気をつけるのはやはり選び方。
ケモタイプで成分解説付きで私が学んだだけでも5種類、禁忌事項や注意事項があるものもある。もちろん全部香りが違う。
メディカルアロマ以外でも精油になっているラベンダーも多いし、精油になっていないラベンダーの品種も沢山ある。今も増え続けているだろうし憶えられない・憶える気もない。
一般に流通している“ラベンダー精油”と言うのは一体どの種類のラベンダーのことなのか、説明しているものは少ない。種類が書いてあっても本当にビンの中にそれが入っているのか、成分分析表がついているものはもっと少ない。
特にラベンダーやローズ精油は偽物も多く、精油を薄めてある・安いものとブレンドして売っているなどはよく聞く話。それでは効果効能がわからないだけではなく、古くなっていて逆に身体に悪影響が出ることさえ予想できる。でも、雑貨品だからどう売っても違法ではない。消費者である自分たちが正しく選ぶ目を養わなければ製油に関わらず粗悪品を掴まされる時代、自分が成長しなければ。

ネガティブな話になってしまったがアングスティフォリアの効果は素敵だ。どんな用途のものにもブレンドできるし、香りを安定・親しみやすいものにしたい時も役立つ、やはり万能。
私はリラックスと肌への影響を考えてナイトクリームにするのが良いかな。ニキビ肌ならティートゥリーと、シワが気になるならローズ、美白ならセロリと合わせれば効果も期待できるし、単に好きな香りと組み合わせるだけでもアングスティフォリア自体がオールラウンダーだから、もぅ何でもアリ。
あ・・・でもリップクリームにはしたくないかな。私も昔の芳香剤を思い出しちゃうタイプだから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です