ヒッポファエ油

Hippophae rhamnolddes
グミ科、サージ(沙棘)・Sea buckthorn
果実を圧搾分離、温度により固化

最近お世話になっているオイル。
オイルの勉強の際いただいたサンプルをどう使おうかと考えていたら、ひどい靴擦れをおこし、使ってみることに。

組成
パルミチン酸 28-43%
パルミトレイン酸 ~25%
ステアリン酸 2%~
オレイン酸 18-30%
リノール酸 2-6%
リノレン酸 ≒2.5%
効用・機能性
紫外線照射やがん治療による皮膚損傷、のアフターケア・火傷・アクネに効果有り。動物のがんや白血病に著しい効果があると証明済。
皮膚老化防止・痛み止めと消炎作用・放射線防止・慢性皮膚炎治療効果
ブレンド使用で頭皮に鎮静効果を与えてフケ発生を減少させる

本当は皮膚再生作用にもっと期待できるものを使いたいところだけど、封を切ってしまっていたので使わずに酸化させてしまうのは勿体ないのでいつものように自分の身体で実験。

カロチノイドが多めに含まれているとの事ですっごく鮮やかなオレンジ色で香りはベリー系のような甘いお菓子のような香り。ヒッポファエと聞くと全くわからなかったが、通名シーバックソーンで、最近話題になっているフルーツだった。干ばつ地帯にも生育しているらしくチベットとかモンゴルとかの産業発展のためにシーバックソーンのジュースなど加工品を作って売り出そうという動きを見たので、この先日本でも新たなスーパーフードとして人気が出るかもしれない。香りから想像する味は美味しそうだ。中国漢方でサージはメジャーだから口にしたことがある方は結構多いのかもしれない。

肝心の使い心地は…まぁオイルだからか傷口に塗っても痛くもなんともない。傷の治りが早いかといえば、そうでもないかな。まぁ、もともとそういう効果のあるオイルじゃないからな…でも痛み止めと消炎効果があるのでそれは期待。数日塗り続けているがありがたいことに炎症もなく、傷を負った翌日からまた靴を履いて長距離を歩いても痛くもなく悪化することもなかった。
この先なかなか使うことはないオイルだとは思うけど、何より香りが良くて癒されるので使いたくなる。が、色が問題。やっぱり衣類に移るし一般使用向けじゃないな。やっぱり病院での治療の際に使われるものか。残念

後はこれから夏本番、アウトドアで焼けてしまった際の皮膚損傷や火傷の時に使ってみようかな。本当は日焼けケアには他のオイルを使いたいところだが、このオイルの実力を知りたいので検証してみなくては!この夏、焼けることがあれば追記します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です